2018年3月15日木曜日

パリ ウェディングフォトツアー 中世の貴族の気分

みなさん、ボンジュール!!
加藤です。

今日は冬のパリのウェディングフォトツアーの
お客様の様子をお伝えします。

パリはやっぱり冬が良いですね。
写真を撮るにも曇りが多いですが、光の具合がちょうどよく、
きれいな写真が撮りやすいです。

また、イルミネーションなどもきれいで、
ロマンチックさもいつも以上だと思います。

少し話題が逸れましたが、
いきなり1カット目から期待の持てる笑顔ですね。





エッフェル塔と奥様の曲線美が、
写真の構図を引き立てますね。


寒いので、ボレロも用意して、
寒さ対策もバッチリです。
奥様の花の髪飾りもかわいいです。


ザ・パリといったカットです。


ルーブル美術館のピラミッドです。



ルーブルをバックに。
お二人が絵画の主人公のようです。


世界に一枚しかない絵のような写真です。



中世の貴族がいた、パレロワイヤル。
これも、お二人が貴族のようです。
このカメラマンならではの独特のカットです。


貴族のようにベンチに腰掛けて、
かけがえのない人とパリのひと時を思い、


貴族のように、
永遠のパートナーと永遠の都でハーモニーを奏でる。


奥様の旦那様を見つめる眼差しが、とても素敵です。
このような瞬間もカメラマンは見逃しません。








最後は、太陽も顔を出しフィナーレです。


お二人とも、どうぞお幸せに。

弊社のパリウェディングフォトツアーは、
現地に精通した、ヨーロッパのカメラマンを手配し、
芸術の都・パリらしい、きれいなお写真をお残しになれます。

日本人コーディネーターも一緒にお手伝いいたしますので、
団体旅行で初めてパリにいらしても、言葉の心配なく、
安心して、楽しく素敵な思い出が作れます。

また、衣装付きのコースもあり、
20種類以上あるドレスから選んでいただけるので、手軽に参加もできます。

初夏以降のお問い合わせも始まっています。
お問い合わせは、こちらからどうぞ

フェイスブックもフランスやイタリアの情報が満載です。
こちらからご覧ください!!


加藤でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿