2018年8月17日金曜日

フィレンツェフォトツアー ノリノリのお二人と、、、

Ciao 土居です。

今回は、まるでモデルのようなご夫婦が参加された、
フィレンツェフォトツアーの様子を紹介します。
まずは、ご宿泊先のホテルのテラスから撮影開始です。
フィレンツェの象徴とも言えるドゥオーモをバックに、、、
いい感じです!
ホテルを出てアルノ川沿いを散策しながら、撮影は続きます!
 ポンテ•ヴェッキオをバックに^^
ウフィッツィ美術館の前で!
ヴェッキオ宮殿の中でも、中世の貴族気分で♪
フィレンツェの街並がよく似合うお二人です!
 共和国広場のメリーゴーランドと、、、
 ドゥオーモ、ジョットの鐘楼、洗礼堂をバックに豪華な一枚です!
フィレンツェフォトツアーのハイライト、ミケランジェロ広場へ移動します!
フィレンツェの街並を一望できるスポットです!

 最後はお二人のリクエストで、ビートルズのジャケット写真風に締めくくりました。
末永くお幸せに!!!

  〜イタリアの綺麗な景色や楽しい思い出をビデオや写真にして綺麗に残しませんか?〜 
☆ハネムーン旅行をご検討中の方は、こちらのプラン必見です☆

Facebookページにはイタリアやフランスの現地情報を掲載しています
こちらも要チェックです!


2018年8月10日金曜日

カプリウェディングフォトツアー 豪華なボートチャーター

みなさん、こんにちは。
加藤です。

今日のローマは少し昨日雨が降り、
少し涼しくなり、過ごしやすくなりました。
日本は猛暑が続いているようですので、
皆様どうぞお体にお気をつけくださいね。

本日はカプリのウェディングフォトツアーの様子を
お知らせいたします。

青い海のカプリに、白のドレスやタキシードが
とてもよくマッチします。

まずは、カプリの中心になる広場の時計塔をバックに。


邸宅の一角を借りて。
カプリでは住むように滞在が楽しめます。


カプリらしい白の路地の一角で。


南イタリアでは、有名な陶器のベンチで。
時間がゆっくり流れますね。



カプリの絶景、ファライオー二(夫婦岩)をバックに。
夫婦岩のように、仲睦まじいお二人です。


カプリといえば、青い海です。
このような写真が撮れるのもカプリならではです。


海へ続くつづら折りの道をバックに。



ボートをチャータして、カプリの青い海に出航です!!



専属の船乗りさんから、スピリッツのプレゼントです!


お二人だけの船上パーティですね。
優雅な時間です。




夕暮れとともに、この笑顔で、
楽しかったプライベートクルーズも終わりです。


お二人ともどうぞお幸せに!!

南イタリアを代表するリゾート地、
カプリでもウェディングフォトツアーにご参加いただけます。

希少でなかなかお取り扱いのない、
カプリのフォトツアーにご参加いただき、
お二人だけのオリジナリティーのある思い出がおつくりになれます。

希少とはいえ、カプリ在住で撮影スポットを熟知しているイタリア人カメラマンに、
日本人コーディネーターが優しく撮影のお手伝いをいたします。

オプションでプライベートレンタルボートのチャーターも可能です。
4-10月上旬がシーズンとなりますので、ベストシーズンの夏などをお勧めします!!

詳しいお問い合わせは、こちらから!!

加藤でした。






2018年8月3日金曜日

アマルフィウェディングフォトツアー 南イタリアの薫り

みなさん、こんにちは。
ローマから加藤です。

日本も熱暑が続くようですが、
ローマもついに、日なたには立っていられないぐらいの暑さが続いています。

気分だけでも爽やかに、アマルフィの
ウェディングフォトツアーの模様をお届けします。

まずは、ご宿泊ホテル付近の路地にて。
特産のレモンやオレンジの香りが漂ってきそうです。


アマルフィ旧市街を歩く姿も様になりますね。


幸せの階段を上っているようですね。


ドゥオーモの一角をお借りして。


奥様もさることながら、旦那様の笑顔が素敵ですね。




アマルフィの守護聖人、聖アンドレアも祝福してくれています。


これぞアマルフィの写真にふさわしい、南イタリアの青空です。


海の輝きと純白のお二人です。
白のタキシードがナイスです。



山の稜線とドレスの曲線美の構図が素敵です。


手を取って、仲睦まじく。


奥様も幸せそうです。




最後は、全然カメラの意識もなく、
アマルフィの自然美となじんだお二人でした。


アマルフィのフォトツアーは、
高いクオリティーのお写真の撮影テクニックのある
一流で大人気のイタリア人フォトグラファーを手配致します。

人気のカメラマンのため、
空きのある日程も少なく、お早めのお問合せが必須です。

日本人コーディネーターも同行するので、
言語の心配も無く、自然な表情で、思い出がつくれます。

お問合せは、こちらからお願い致します。

加藤でした。