2016年3月31日木曜日

ローマダービー特集 ラツィオのキーマン ミリンコヴィッチ

みなさん、こんにちは。加藤です。
ローマダービーが近いので、昨日はローマのストロートマンのことを書きましたが、
ラツィオのことについて、書きます。

ラツィオには一人ピオーリ監督が、待ちわびていた一人の若いセルビア人MFが、
復帰します。まだ日本では知られていないですが、ミリンコヴィッチです。


今シーズンに、ベルギーのゲントから移籍をし、ラツィオに加入しました。
191cmもある大型の攻撃的MFで、長身の割には、突破力があり、
攻撃のアクセントとなるセルビア期待の若手選手です。

リーグ前半は途中出場が多かったのですが、中盤に入るとポジションを奪いますが、
ふくらはぎの肉離れで、3/10のパレルモ戦から戦線離脱。

そして復帰に向かい、自身初めてのローマダービーを迎え
「ダービーは自分はピッチにいるだろう。ダービーに出たい!!」と言っています。

少しコンディションが気になりますが、クローゼが不在のラツィオにとって、
得点機会を作り出す、秘密兵器となることは、間違いありません。


頑張れラツィオ !! 点取れ ミリンコヴィッチ!!

弊社では、サッカーチケットの予約やお泊まりのホテルへのチケットデリバリーの
アレンジなども行い、ローマでのラツィオの試合観戦のアレンジが可能です。
自力で行かれる方は、スタジアムまで行き方のご案内を、自力移動が不安な方は、
送迎車の手配など、お客様の身の丈にあった、安心したサポートがついています。

試合の前日などは、専用車と日本人カメラマンがついた、ローマ市内の4時間を
撮影しながら、案内するプランがございます!!

写真もしくはビデオの撮影から事前に選べ、ご旅行後に記念の映像として、
DVDにして郵送にてお渡しするプランです。

詳しくは弊社のホームページからお問い合わせ下さい!!


加藤

2016年3月30日水曜日

ローマダービー ASローマに朗報 ストロートマン復帰

みなさんこんにちは、加藤です。
4月3日に、ローマでは重要な日です。

なぜでしょうか?
それは、ラツィオvsローマのローマ・ダービーが行われるからです。


ローマには、朗報です。
それは、ストロートマンの復帰です。


3度の膝の手術を乗り越えて、2月のパレルモ戦から復帰し、復帰後初のダービーです。
メディアもダービーに際し、わざわざストロートマンを採り上げ、
「ストロートマンは準備万端で、いよいよ明け渡していたポジションを争奪に」という
見出しを書き立て、いよいよ本気モードになってきました。

自身のツイッターでも3/26の記事で、「今週はタフなトレーニングや練習試合をこなせて、大変充実した1週間だったよ!」と語っています。

トッティも復帰を喜んでいるくらい、今のローマには絶対欠かせない選手です。
なんとか、ダービーで勇姿を見せてもらいたいものです!!
頑張れ、ストロートマン!!


弊社では、サッカーチケットの予約やお泊まりのホテルへのアレンジ等も行い、
ASローマの試合をローマで初めて見る方でも、何回も見ている方でも、
安心してスタジアムで観戦して頂けるようなサポートも可能です!!

試合の前日などは専用車と日本人カメラマンがついた、
ローマ市内の4時間を撮影しながら、案内するプランがございます!!
写真もしくはビデオの撮影から事前に選べ、ご旅行後に記念の映像として、
DVDにして郵送にてお渡しするプランです。

詳しくは、弊社のホームページからお問い合わせ下さい!!


加藤


2016年3月27日日曜日

特別聖年 ローマ4大聖堂巡礼 サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂

みなさんこんにちは、加藤です。
今日は特別聖年企画のローマ4大聖堂巡礼で、
サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂です。(以下サンジョヴァンニ)


サンジョヴァンニは、今から1700年前に建てられた教会で、1309年まで法王庁がおかれていた、重要な教会です。

いまはヴァチカンに法王庁がありますが、1309年まではキリスト教の総本山だった教会なのです。

中へ入ると、フォロ・ロマーノにあるクーリアと言う、古代ローマ時代の国会議事堂の中で使われていた青銅の扉が迎えてくれます。


そしてその右隣には、目的の聖なる扉が開かれています。


扉をくぐると、中はこんな感じです。


この今の聖堂の建物は、1600年代に建てられたもので、周りに回廊を設えて、
広大に建てられています。もっと近づくと、法王専用の祭壇があり、サンジョヴァンニの
格式の高さが分かります。


そして、聖堂の入り口には、1300年の聖年を祝って、ジョットが書いた壁画が残っています。


サンジョヴァンニが有名なのは、もう一つの理由があり、聖堂の横にあるこの建物の
中に隠されています。


中に入ると、信者がひざまずいて、階段を上っています。


ここは、聖なる階段と言って、この28段の階段は、言い伝えに依るとキリストが裁かれるときに上った階段と言われています。実際は、かつてこの場所にあった宮殿内の階段を
15世紀に移築されたものですが、今でも階段を上る信者は後を絶ちません。


サンジョヴァンニは、こんなにも大きな教会だったのです。

※教会での写真撮影は、マナーを守って静粛に行いましょう。

残りあと1つの聖堂については、また今度!!

弊社の専用車+DVD撮影つき4時間観光では、
日本人カメラマンがお客様をお好きな場所へご案内致します。

なおかつビデオかお写真お好きな方を事前にお選び頂き、
案内だけでなく撮影し、後日DVDにしてお渡しする凄いプランです。

4大聖堂を巡るプラン、あるいはリピータの方でサン・ピエトロ寺院は行った事があるので、他の3つの聖堂をまわりたいなど、お客様のお好きなようにアレンジ可能です。
(教会内ので撮影は制限されますので、予めご了承下さい。)


加藤


2016年3月23日水曜日

ユヴェントス ブッフォン 大記録達成 974分無失点

みなさんこんにちは。加藤です。
3/20の、セリエAのトリノvsユヴェントスの試合で大記録が達成されました。

ユヴェントスのゴールキーパーのジャンニ・ルイジ・ブッフォンが、
974分無失点記録と言う、歴代一位の金字塔を打ち立てました!!


ブッフォンと言えば、今でもイタリア代表に招集される、世界一のゴールキーパーです。
38歳になった今でも、ユーヴェはブッフォン無しでは、成立しません。
人柄からか、世界中にファンが多く、ブッフォンのツイッターには日本人のフォロワーや日本語での書き込みもたくさん見られます。

また、この記録はチームのお陰とし、自身のツイッターで、ユーヴェの一人一人の選手に
1行の感謝の気持ちを表すメッセージを書いています。

ボヌッチ「彼のキャラで、チームへの献身度が抜群の選手」
バルザーリ「直に栄冠を与えるべき選手」
ケディラ「常に正しいポジショニングで、いつも正確な男」
ポグバ「サッカーで生きている訳ではなく、サッカーを生み出した選手」
マルキージオ「真の意味でユーヴェを知り尽くしている選手」
ディバラ「ジダン、チュラム、ピルロが去った後に、21番を背負う理由のある選手」

一番感動したのは、控えのキーパーネトへ対する賛辞です。

ネト「毎試合落ち着いて試合の望めるのは、彼のお陰」

ゴールキーパーは一人しか出場できない、唯一のポジション。
そんな中で、リザーブのチームメイトに対する感謝を忘れないのは、ブッフォンの
人柄だと思います。

日本のカズのように更に10年、活躍して欲しい選手の一人です。
頑張れ、ブッフォン!!


弊社では、セリエAのサッカーチケットの手配を行っており、もちろんトリノの
ユヴェントスのサッカーチケットの手配も行っております。

情報の少ないトリノで、不安なサッカーチケットのピックアップアレンジ、
スタジアムまでのアクセス方法の案内、ご移動が不安なお客様には、
安心ラクラクな送迎サービスの手配も別途可能です。

お問い合わせは、今すぐこちらかどうぞ!!


加藤






2016年3月21日月曜日

ローマ!ファンタジー物語



ciao ciao〜 こんにちは、チャオ山田です。

今日は、先日メモリアルフォトツアーにご一緒させていただきました
超ラブラブなカップルK様の様子をご案内いたします。



まずは、コロッセオからスタートです!
o(*'ー'*)/"行ってらっしゃい


いやぁ〜お熱いですな!!
ラブラブぅーヽ(*'∇')丿ょっ↑


2000前の遺跡前にて きまってるぅー(*^ ^*)/ヨッ!



本当に仲がよろしい新婚様ですね^^


「卑弥呼さまぁぁぁ〜〜!」
やっていただけました(ノ*>∪<)八(>∪<*)ノ


秘密の鍵穴!今日は見えましたか?


綺麗に見えたようですね
キタ━(゚∀゚)━


真実の口前にて
お二人、気合入っております!



旦那さまの手が!!大迫力の演技!!
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ありがとうございます♩



トレビの泉にて、まるで映画の中の主人公みたいですね
素敵ぃぃ〜(*≧∇≦*)━☆★


改修工事が終わったばかりのトレビの泉!
まるで奥様のお肌のように真っ白で綺麗です!
ビューティフォーー☆~(^-゜)v



この日の運転手さんは、ローマで一番の紳士
フォルトゥナートさんでした(v'ー^)v☆



最後は、一口食べるとファンタジーな世界を魅了してくれる
ロショーリのへ(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)

ロショーリが知りたい方はこちらまで


メインのカルボナーラは、お口にあいましたでしょうか?
本当に素敵なお二人で、私も楽しかったです!q(・∀<*)y




皆様も愛の都で、一生の思い出フォトをとりませんか?

お問い合わせはこちらまで



チャオ山田でした^^



インテル アウェーのローマ戦でしたたかなドロー

みなさんこんにちは、加藤です。
今日はインテルがローマに向かい、アウェーでのASローマ戦のレポートを。


何とかスクデットを獲得したいローマにアウェーで立ち向かい、CL出場権を手にしたい、
インテル。スタメンはほぼベストメンバーです。長友もスタメンでした。

前半からホーム・ローマの波状攻撃にインテルは遭いますが、集中力を切らさず、
勝機を狙います。前半はスコアレスでしたが,後半53分にローマのミスを見逃さず、
左サイドをフリーで突破したペリシッチが、ゴール右隅に流し込み先制します。

最終的には、ローマが追いつき、引き分けで終了しました。
インテルのボール支配率が41%で、シュートが4本で、アウェーの状況下では、勝利に
等しいドローだと思います。

一方で、インテルのディフェンスラインも高めに保ち、ローマにボールを持たるものの、球際が強く、しっかりと守っていた事を考えると、インテルの戦術にローマがハマった感もあり、インテルの方が戦い方が、したたかで、一枚上手だった気がします。

今日インテルで点を決めた、ペリシッチは、クロアチア代表fr、ウィングアタッカー向きの攻撃の選手で、昨年の夏に、長谷部も所属した事のあるヴォルフスブルグがインテルに加入しました。


インテルに加入してからも27試合(30節終了時点)で6得点と即戦力の働きで、来期も
インテル残留は間違いないでしょう。これからもますます、期待のできる27歳の働き盛りのプレーヤーです。

インテルも、調子が上がり、CL出場権も大きなモチベーションになっています。
長友も最近は、マンチーニ監督からの信頼も受け、ほぼスタメンで出ています。
そんなインテルを弊社のサッカーチケット手配で見に行きませんか?
弊社の指定のミラノ市内のチケットピックアップポイントもしくは、ミラノ市内の
ご宿泊のホテルに、チケットをお送り致します。
ご希望の方には、専用車も手配可能で、サンシーロまでの往復送迎手配も可能です。

お問合せは、今すぐここからどうぞ!!

加藤






2016年3月18日金曜日

スターバックスがイタリアにやってくる!?

Ciao〜ローマに戻って参りました、土居です。
さて、今日はコーヒーにまつわるニュースについて書きたいと思います。

日本の一部メディアでも取り上げられたようですが、
2017年にスターバックスがミラノにイタリア1号店を作ると、
CEOのハワード・シュルツが宣言しました!

世界No.1のコーヒー市場といわれるイタリアですが、
実は、スターバックスは1店舗もありません!!!
過去に何度かイタリア進出をすると宣言していますが、
結局実現されませんでした。

そもそも、イタリアには伝統的な独自のバールの文化があり、
エスプレッソをカウンターで立って飲むのが普通で、長居をする事も少ないため、
スターバックスが唯一進出できない国と言われ続けてきました。
さて、今回は実現するのでしょうか?
友人に聞いてみたところ、意見は割れましたが、
どちらかというと、受け入れられないという意見の方が多かったですね。

しかし、外国でスターバックスに入ったことがあるイタリア人の中には、
意外と良かったという意見もあり、食わず嫌いなだけかも?
コーヒーにこだわりが強いイタリア人に受け入れられるかどうか、
今後の展開が注目です!!!

イタリア旅行をご検討中の方へ

専用車と日本語カメラマンの案内付で観光地を巡る、
弊社の観光プランがおすすめです!
お問い合わせはこちらまで

2016年3月17日木曜日

イブラヒモヴィッチ ミラン積極的に狙う構え

みなさんこんにちは、加藤です。
今日は、イブラヒモヴィッチの話題です。

イブラヒモヴィッチのキャリア等は説明不要ですが、所属のパリ・サンジェルマンとの
今年の6/30で契約が切れます。彼はパリSGとの契約更新は望んでいないようで、
移籍は必至です。

ミラン、バイエルン・ミュンヒェン、マンチェスター・Uなど錚々たるクラブが、
名乗りを上げていますが、一番張り切っているのが、ミランです。


「もしパリがエッフェル塔の代わりに、自分の銅像をシンボルとするなら、確実に残るだろうけどね」と言っているので、まずは残ることはなさそうです。

ミラン会長のベルルスコーニが掲げる、ACミランの大改造には絶対欠かせない人材で、
いろいろなオプション(イブラヒモヴィッチの奥さんにもオプション提示をする噂もあります。)を出して、是が非でもミランが獲得を狙うようです。

私の知り合いのミラニスタも「イブラはファッションが好きだからパリを選んだんだ。彼はミラノのようなファッションの都市も好きだから、絶対に彼はミランに来る」と言っています。

もし、イブラがミランに決まれば、2010年以来5年ぶりの復帰です。
また、こんな赤と黒のイブラと本田の絡んだプレーが見られるかもしれません。


現在のミランも本田を始め調子が良くなり、ミランの試合も楽しくなることかと思います。今も弊社では、ミランのチケットの手配や観戦のお手伝いのアレンジ等を行っています。

弊社のHPもマイナーチェンジを行い、サッカーチケットのページも出来ました!!
お問い合わせは、いますぐこちらからどうぞ!!


加藤




2016年3月15日火曜日

ラツィオ クローゼの今シーズン初の2ゴールで快勝!!

みなさん、こんにちは。
今日は、イタリアサッカーセリエAのSSラツィオのお話。

昨日は、ラツィオが下位アトランタを迎え、試合がローマで行われ、
ラツィオの2-0と快勝に終わりました。

前半はアウェーのアトランタにゴールを襲われ、一度バーを叩かれるなど、
アトランタが押し気味の展開。

後半に入るとラツィオが攻勢にでて、後半23分についに、クローゼが均衡を破り、
後半ロスタイム5分でもう一点クローゼが駄目押しで、2-0と快勝しました。


クローゼと言えば、ドイツの点取り屋で、2006のW杯で得点王になった事は有名ですが、
そんなクローゼも今シーズン初得点でした。

2014年の夏頃に、「もう自分は来年(2015年)の夏が引き際だと思う」とドイツの
スポーツ紙に語っていて、今シーズンは得点をあげていなかったので、
そろそろ引退なのかなと個人的に寂しく思っていましたが、健在っぷりをアピール。

最近になって、クローゼも「あと2年は続けたい。サッカーを楽しみたい」と
イタリアメディアに語っていて、私も安心しました。

クローゼと言えば、ゴールの後の前方宙返りのパフォーマンスでおなじみですね。
(バイエルンからラツィオに移ってきて、見た事が無いですが。)


もうひとつ感動した事は、2012年のセリエAのナポリとの試合で、自らが決めたゴールが、ハンドだとナポリ側から猛抗議を受けて、自らハンドを認め、レフェリーはゴールを
取り消した事がありました。

その際に、クローゼは、
「ゴールが取り消しになるのは、普通の事。それが自分の性格で、選手は常に手本であるべきだ。それで審判を助ける事が出来るなら、自分はそうする。」
と言っています。このフェアプレー精神は称賛に値します。

少しでもクローゼには長くプレーを続けて欲しいと思います。
Forza !! Klose !!(頑張れ!クローゼ!)


弊社では、サッカーチケットの予約やお泊まりのホテルへのチケットデリバリーの
アレンジなども行い、ローマでのラツィオの試合観戦のアレンジが可能です。
自力で行かれる方は、スタジアムまで行き方のご案内を、自力移動が不安な方は、
送迎車の手配など、お客様の身の丈にあった、安心したサポートがついています。

試合の前日などは、専用車と日本人カメラマンがついた、ローマ市内の4時間を
撮影しながら、案内するプランがございます!!

写真もしくはビデオの撮影から事前に選べ、ご旅行後に記念の映像として、
DVDにして郵送にてお渡しするプランです。

詳しくは弊社のホームページからお問い合わせ下さい!!


加藤




2016年3月14日月曜日

ヴェネツィアの小道から

みなさん、こんにちは。
加藤です。

今日はヴェネツィアのことを書こうと思います。

ヴェネツィアと言ったら、海の都というイメージや入り組む運河やゴンドラですが、
くねくねした迷子になる小道も象徴的な場所です。

ヴェネツィアの小さな小道にも名前がついており、それぞれ小道にも、
名前の由来があるそうです。歩いて回るととても楽しいです。


小道の上には、道の名前を表す標識が、建物に塗られています。
ヴェネツィアの方言で、CALLEは小道です。

こちらの道は、サンマルコ広場の裏手にあり、「服の仕立て屋の小道」という名前。
今はこの道には、喫茶店ばかりで、服の仕立て屋は1件も無いです。

SARTORもヴェネツィア方言で、仕立て屋という意味で、VESTEは服です。
サンマルコ広場界隈は、中世は貴族が多く、服のオーダーメードの注文も多く、
仕立て屋がとても多かったそうです。


こちらは、リアルト橋の近くの小道の柱に、靴のレリーフが彫られています。
今は違いますが、中世は靴屋があって、靴屋の看板がそのまま残っています。


こちらもリアルト橋付近で、今はお土産屋さんですが、なぜ牛のレリーフがあるのか?
なぜなら、中世は肉屋だったからだそうです。


また、サンマルコ広場とリアルト橋の間に、こんな小道があり、少し不気味です。
この小道の名前は、「暗殺者の小道」と言います。


Rio Terraは昔運河だった場所を埋め立てて作られた小道の意味で、ASSASINIが暗殺者。
なんでこんな名前かというと、お金を持っている貴族を殺す強盗が、
ヴェネツィアには多くおり、陰に潜んでよく貴族がここで殺されたそうです。
(今は、そんな事は無いので、安心して下さい。)



続いては、リアルト橋付近にある「おっぱい橋」という名前の橋。
Ponteが橋で、TETEがおっぱいという意味。
なんでこんな名前かというと、この辺は昔ヴェネツィアの赤線街だった場所で、
橋の上の窓から娼婦が胸を出して、客引きしていたらしいです。
そんなことを橋の名前にしてしまうので、イタリア人はおおらかですよね。

ヴェネツィアはサンマルコ寺院やリアルト橋だけでなく、目立たない小道や橋に、
色々な由来やミステリアスな場所があるのです。

弊社のヴェネツィアのDVD撮影つき観光では、日本人カメラマンが、
時間内でお好きな場所に、お連れするだけでなく、
上記のような地元の人しか知らない、別のヴェネツィアの一面のご案内も可能です。

しかも、一生の思い出になるように、カメラマンがプロ使用の機材で、
お写真もしくはビデオをお撮り致します。(スチールか動画か事前に選択可能)

お問い合わせは、こちらから今すぐぜひどうぞ!!

加藤







2016年3月12日土曜日

ACミラン 監督 ミハイロヴィッチ 来期も留任の模様

みなさんこんにちは、加藤です。
今回は、最近調子を上げてきたACミランの話題です。

今日のイタリア各紙によると、現ミラン監督のシニシャ・ミハイロヴィッチは、
ACミラン会長のベルルスコーニ氏と会談し、「挨拶とお互いに抱擁し合い、
問題なく、落ち着いての会談」で終えたと報じています。


ミハイロヴィッチは、現状について、

「スクデットを取れない事を含めて、敗けると言う事は、どんな形にしても残念な事だと思うが、自分の監督業の去就については、いつものように付いて回る話。最初から完全に約束されているポジションでもなく、去就についてまわる話については、慣れている。全ての監督業に携わる者にとって、シーズンの終盤には、決定される事項であるが、私はチームに残れればと思っている。ただ、自分自身の気持ちの中で、しっかりとした確証を持てるかどうかであること次第でもあり、今は次の3/13のキエーヴォ戦にしっかり集中したい」

と語っています。ベルルスコーニとの会談の状況と、ミハイロヴィッチの心中の現況を
合わせると、ミランは来期もミハイロヴィッチ体制でスタートしそうですね。
また、本田のミラン残留も未定ですが、本田のコンディションも良くなっているので、
ミハイロヴィッチ共々ミランに残って、また強いミランを見たいですね。

弊社では、チケットの手配だけでなく、自力でアクセスするには、少々不便な
サンシーロまでの送迎をつけて、セットで販売しています。
このようなアレンジで、安心でらくらく、熱い本場のヨーロッパサッカーの楽しめます。

お問い合わせは、こちらからどうぞ!!