2014年5月23日金曜日

ローマ名物 メイン料理/Secondo Piatti di Romano(主菜,第2皿)


チャオーヤスダです。

今日はローマ名物のセコンドピアット(Secondo Piatto)、第2皿目と言った意味ですが、
主菜(メインディッシュ)についてご紹介させて頂きます。

ローマは陸地にあるので(海もありますが)、羊、牛、鶏、豚といった肉や内蔵を使った料理が主になります。
魚介類をローマで食すと少し割高な感じがします。

レストランで日本語メニューがあるお店も多くないので、イタリア語と英語のメニューを見ても
どうしても、聞いたことのある名前の料理を注文してしまいがちですよね。
もし、ローマのレストランでこれらのメニューを見つけたら、是非召し上がってみてください!

サルティン・ボッカ・アッラ・ロマーナ Saltimbocca alla Romana
 イタリア語で「口に飛び込む」の意味で、薄切りの牛肉に、
 生ハムとセージの葉を重ねて、レモンと白ワインとバターで仕上げたもの。

 
 

アッバッキオ・アル・フォルノ Abbachio al Forno
 子羊のもも肉やロースのグリルやステーキ
 まだ草を食べたことのない母乳だけで育った子羊を使うので、肉は柔らかく臭みがない

 フルボディの赤ワインとのコンビがベストマッチです!イチ押しです!





コーダ・アッラ・ヴァッチナーラ Coda alla Vaccinara
 牛の尻尾をトマトとたっぷりのセロリを加えてじっくり煮込んだ料理。 
 オックステール(牛尾)の旨味がたっぷりと溶け出し、ソースはとろみがあり
 肉は骨からするりと外れるほど柔らかく煮込まれています。




 

ローマ風トリッパ Trippa alla Romana(トリッパ・アッラ・ロマーナ)
 牛の第二胃袋(トリッパ)を香草で下茹でして短冊状に切り、トマトソースにミントを少量加えて
 煮込むだけのシンプルな料理。 舌の上でとろけるほど柔らかく煮込まれたトリッパは、
 ほとんどくせもなく、モッツァレッラチーズやトーストしたパンを添えていただくのが一般的。

 内蔵系が駄目な人でも、もしかしたら??




その他にもローマ/イタリアにはたくさんおいしい食べ物がありますので、
フランス料理の元になった、無形文化遺産、本場のイタリア料理を!!

〜ローマの綺麗な景色や楽しい思い出をビデオ写真にして綺麗に残しましょう〜
   ☆ハネムーン旅行をご検討中の方は、こちらのプラン必見です☆


 

2014年5月14日水曜日

フィレンツェ フォトツアー M様

みなさんこんにちは。加藤です。
このブログもだいぶご無沙汰してしまいました。

本日は、フィレンツェのフォトツアーに参加されたM様のお写真を紹介します。
このお2人はクルーズ船で新婚旅行を楽しまれているそうで、リッチなヨーロッパの
船旅は、うらやましい限りです。

撮影した日は、風が強く、ベールが風でなびいて大変でした。


高台に上がり、パノラマバックにお2人でしっとりと。

そして、最後は、ジャンプとお姫様抱っこで締めてもらいました。


夏のフォトツアーもそろそろお申し込みが始まり、
お申し込みで埋まっている日程もございますので、お早めにお問い合わせ下さい。
お問い合わせは、こちらまで!!
(お写真はウェブ掲載のため、データを縮小しております。)